南仏・パリ旅行記(2018年6月)1カタール航空ドーハ経由でパリCDGへ

こんにちは、橋本絢子です。

6月7日に35歳になりました。

30代後半に突入です。

今まで突っ走ってきた感があるので、30代後半は学びと蓄積の時期にしたいなと思います。

30代後半の始まりは大好きな場所で過ごしたいなと思い、フランスへ行くことにしました。

今回は初めての南フランスです。

ヨーロッパの中でも、プロヴァンス地方の文化に特に興味があります。

画家のゴッホやセザンヌが過ごした場所も、見てみたいなという思いがありました。

私の人生は、19世紀印象派の偉大な画家たちから影響を受けているといっても過言ではありません。

そんなわけで、家から京都を経由し、成田空港へ。

今回はカタール航空を利用しました。

どこかのビジネス誌で満足度No.1航空会社と紹介されてあったからです。

たしかに機内食も今まで食べた中では一番美味しく、客室乗務員さんも美しく上品で、洗練された印象でした。

乗り継ぎで利用したカタール・ドーハのハマド空港は広くて近未来的!

中東の国々の発展には驚かされます。

 

しかし初めてフランスへ行かれる方は、エールフランスの直行便にしておくのがおすすめです。

フランス気分が高まるし楽だから。

ヨーロッパへ行く便は機内食がたっぷり出ますが、袋に入っているパンやスナックなどはできるだけ残しておきましょう。

到着時間によってはどこもお店が開いてなく、日本のようにそこらじゅうにコンビニがあるわけでもないので、半日ぐらい何も食べられなかったりすることもあります。ご注意くださいね。

というわけで乗り継ぎを含めて、20時間のフライトを経て、6月8日(木)現地時間のお昼すぎにパリのシャルル・ド・ゴール空港へ到着。

この日は疲れすぎていたので、空港のホテルで一泊することにしました。

P.S.飛行機の中で映画グレイティスト・ショーマンとピーター・ラビッドを観ました!
どちらも楽しくて感動的でした!

南仏・パリ旅行記(2018年6月)2へ続く

 

好きな場所で暮らしながら、好きな時に仕事をして収入を得る方法を知りたい方へ。

7月スタートの「収益メディア構築サポートコース」で指導します。

1年間の無料サポートが受けられますので、自分メディアを立ち上げて時間とお金の自由を手に入れたい方は、ぜひチェックしてみてください。

プロのライターを養成する仕事に直結するプロライター養成塾、7月の開催スケジュールはこちら

オンラインサロン「アヤコミュニティ」はこちら

今後のセミナー開催スケジュールはこちら

 

LINE@のお友達追加で「お金のブロックの外し方Vol.2」の音声セミナーをプレゼント!

 

 

パソコンの方は

こちらのQRコードを読み取っていただければ
お友達に追加できます。

line@gr

スマホの方は以下のアイコンをクリックして
お友達に追加してくださいね。

LINE_icon02

 

「お金のブロックの外し方Vol.1」音声セミナーはこちらからダウンロードできます。