ロリポップからエックスサーバーへWordPressのお引っ越し方法2

こんにちは、橋本絢子です。

ロリポップからエックスサーバーへWordpressのお引っ越し方法1の続きです。

ここからはロリポップからエックスサーバーにWordpressのデータを移行する方法をお伝えしていきます。

移行手順は、エックスサーバーの公式サイトを参考にしました。

WordPress移転(移行)手順 | レンタルサーバー【エックスサーバー】

順番に手順をご説明していきますね。

1.移転元でバックアップが必要なデータの準備

まず、ロリポップのサーバ内データをダウンロードします。

ロリポップのユーザー専用ページへログインし、「ユーザー設定」→「アカウント情報」から「サーバー情報」を確認します。

FTPクライアントソフトを起動します。Macの方は「FileZilla」、Windowsの方は「FFFTP」などのフリーソフトがあります。

FileZillaのダウンロードはこちら

FFFTPのダウンロードはこちら

それぞれのFTPクライアントソフトに、ロリポップのFTP情報を入力していきます。入力方法が分からない方は、FTPクライアントソフトのマニュアルをご覧ください。

FileZilla:超初心者向け!FileZilla(ファイルジラ)の使い方

FFFTP:今さら聞けない!FFFTPの使い方

 

FTPクライアントソフトを使ってサーバーに接続し、サーバー内のWordprssデータを全てダウンロードします。

分かりやすいよう、デスクトップなどにダウンロードすると良いでしょう。

2.データベースのバックアップ

WordPressの移行は、ただデータを移行すれば良いわけではありません。データベース情報のお引っ越しも必要になります。ここが、IT初心者さんがつまずきがちなところになります。しっかりついてきてくださいね。

ロリポップのデータベース情報をバックアップします。

ロリポップのユーザー専用画面に戻り、左サイドバー「データベース」から「phpMyAdmin」にログインします。

「操作する」ボタンを押すとphpMyAdminのログイン画面へ移ります。

 

(注意)ここでデータベースのログインパスワードを変更してしまうと今のWordpressサイトが表示されなくなるので、パスワードは変えないでくださいね。

 

phpMyAdminにログインしました。

 

ここからエクスポートします。
まず、左のサイドバーからWordpressサイトのデータベースを選択します。

一瞬つまずいたのが、エックスサーバー公式のマニュアルにあるこの注意書き。

【データ】
完全な INSERT 文を作成する
長い INSERT 文を作成する

が、どこにも見当たらない!

と思ったのですが、phpMyAdminがアップデートされていたようです。

エクスポート方法「詳細-可能なオプションをすべて表示」を選び

 

「データ」を選び

Data creation options

データを挿入するときに使う構文:

上の両方を行う
例: INSERT INTO tbl_name (col_A,col_B) VALUES (1,2,3), (4,5,6), (7,8,9)

にチェックが入っていれば大丈夫です。

ここちょっと分かりづらいですね。

その他の設定は特に変更する必要はありません。

この画面と同じであれば大丈夫です。

この設定を確認し、データをエクスポートします。
このデータも分かりやすいよう、デスクトップなどに保存しておくのがおすすめです。

これでロリポップからのバックアップは全て完了です。

次回はいよいよ、エックスサーバーへの移転作業を説明していきます。

ロリポップからエックスサーバーへWordpressのお引っ越し方法3へ続く。

 

これからサーバをレンタルしてWordpressを立ち上げたい方はエックスサーバーがおすすめです。




https://www.xserver.ne.jp/

なお、他社サーバからエックスサーバーへのWordpressお引っ越しを検討されている方はご相談くださいませ。

 

仕事に直結するプロライター養成塾 3月東京・大阪・オンラインでの開催スケジュールはこちら

 

LINE@のお友達追加で「お金のブロックの外し方Vol.2」の音声セミナーをプレゼント!

 

 

パソコンの方は

こちらのQRコードを読み取っていただければ
お友達に追加できます。

line@gr

スマホの方は以下のアイコンをクリックして
お友達に追加してくださいね。

LINE_icon02

 

「お金のブロックの外し方Vol.1」音声セミナーはこちらからダウンロードできます。