読みやすい文章を書くために、レイアウトにこだろう

読みやすい文章を書くために、レイアウトにこだろう

こんにちは、橋本絢子です。

駆け出しライターさんのお悩みで多いのが、
「読みやすい文章がなかなか書けない」ことがです。

読みやすい文章を完成させるコツは、

レイアウトにこだわる。

まずは、ここを意識して書き始めてみてください。

きっと見違えるような文章になるはずです。

おさえておきたいポイントを4点お伝えします。

  文字の大きさ

②  1行の文字数

③  行間の広さ

④  書体

この4点を改善するだけでもずいぶんとよくなります。

題名と文章、強調したい箇所のフォントは
伝わりやすくわかりやすくするためにも
大きさに差を持たせ、
視覚でも訴えられるようにしましょう。

1行の文字数は、
13文字~15文字程度が見やすいと言われています。

実際に書いてみると見やすさに驚くかもしれません。

行間の広さも全体を見た時に違和感を感じないか
きちんと把握しておきましょう。

書体は書き手の好みによってさまざまですが、
やはり読者の方が見やすく、馴染みのある書体を
選ぶべきだと思っています。

内容によって使い分けるのが良いでしょう。

最近では、スマートフォンで記事を読む方も増えています。
内容によって、読者の属性を把握し、
どんな時にどのような場所で何を使ってサイトを見ているか、
記事を読んでいるかを把握することが必要になってきています。

パソコンと携帯電話では
文字数や1ページの表示のされ方に違いが出ます。
パソコン用に書いているものをモバイルで閲覧すると
非常に読みにくいと感じることが増えてしまいます。

スマホをよく使う層に向けた記事ならば、
スマホをイメージして、
パソコンをよく使う人向けであれば
パソコンを意識するなどして、
読者に合わせた執筆を心がけることが大切です。

時代と読者の要望に合わせたレイアウトにすることで、
より読みやすくわかりやすい記事になるはずです。

仕事に直結するプロライター養成塾のホームページはこちら

コピーライティングノウハウや、メルマガ読者様限定のコピーライター募集情報を日々、配信させていただいております。メルマガは「コピーライティングで集客」「コピーライターの仕事術」ともに無料でご購読いただけます。購読を希望される方は以下からご登録ください。



  コピーライティングスキルを身につけて月商100万円以上を目指す方へ
「コピーライティングで集客」メールセミナーへのご登録はこちら



プロのコピーライターを目指す方、現役コピーライターさんへ
「コピーライターの仕事術」メールセミナーへのご登録はこちら

ご登録はパソコンのアドレスからお願いします。


banner
  • このエントリーをはてなブックマークに追加