文章を回りくどくする原因

読まれる文章を書くためには、自分の考えを言葉にして、出来上がった文章を自分の目で見て、また、自分の考えを言葉にして、それを自分の目で見て、を繰り返すプロセスが必要です。

それにプラスして、プロのライターは、お客様のご要望にお応えする文章を書く必要があります。

「自分以外の誰か」になりきることで、完成度の高い文章が出来上がります。

 

ですが、なかなかなりきれない時があります。それは、自分の癖が要因であることが多いです。

 

読みやすくテンポの良い文章と、そうでない文章、違いをお伝えしたいと思います。

読むのにストレスを感じてしまう、回りくどい文章を作ってしまう原因は主に3つあります。

 

接続詞

「しかし」「だから」「そして」「それから」など、文章をつなぐ接続詞は、あってもなくても、さほど文章が変わらないことも多いです。

無駄な接続詞は文章をもたつかせる原因になります。

接続詞を書いたら一度消してみて、なくても意味が通じるようであれば無しでいきましょう。

 

指示語

「あれ」「それ」「これ」など、いわゆる「こそあど言葉」も文章を読みにくくする原因です。

読んでいる人は「これって何?」と思ってしまうことも。

指示語の頻発はあまりおすすめできません。

どうしても指示語が必要であれば、文章そのものを見直すことも考えてみましょう。

 

引用を表す文法

「~という」などが代表的な例です。

たいていは省ける引用です。

他の言い方に換えることが出来るか気にして書いてみると、ほとんどの場合、変換可能です。

 

上記3点の原因に気を付けて書いてみると、読みやすくわかりやすい文章となるはずです。

「自分の癖」はたいてい上記の言葉に当てはまると思います。

知らず知らずのうちに口にしている言葉ありませんでしたか?

習慣とは怖いもので、使っていることすら気が付かない場合があります。

一度書いたものをしっかりと気にしながら、読み返してみると良いでしょう。

 

そして最も気を付けるべきこと。

「1文の長さ」です。

1文が何行にもわたって書かれていると結局何が言いたいのか、読み手を迷子にさせてしまうものになり兼ねません。

1文は短く、簡潔に、読み手に意図が伝わるように構成しましょう。

 

仕事に直結するプロライター養成塾のホームページはこちら

 




在宅で収入を得られるフリーライターを目指す方には、以下の無料教材がおすすめです。






コピーライティングノウハウや、メルマガ読者様限定のコピーライター募集情報を日々、配信させていただいております。メルマガは「コピーライティングで集客」「コピーライターの仕事術」ともに無料でご購読いただけます。購読を希望される方は以下からご登録ください。


  コピーライティングスキルを身につけて月商100万円以上を目指す方へ
「コピーライティングで集客」メールセミナーへのご登録はこちら



プロのコピーライターを目指す方、現役コピーライターさんへ
「コピーライターの仕事術」メールセミナーへのご登録はこちら

ご登録はパソコンのアドレスからお願いします。


banner