笑えない!誤字・脱字・誤変換3

笑えない!誤字・脱字・誤変換3

こんにちは、橋本絢子です。

笑えない!誤字・脱字・誤変換2のつづきです。

【目次】
笑えない!誤字・脱字・誤変換1
笑えない!誤字・脱字・誤変換2
笑えない!誤字・脱字・誤変換3

日本語は、表現の多さ故、ミスも多いもの。
その怖さと防ぎ方、お分かり頂けたでしょうか?

例えば、「サイトウさん」。

斉藤・斎藤・齊藤・齋藤……

変わった表記では、
西藤、佐居東なども!

覚え間違いはしていないだろうか?

しっかり確認する癖をつけておきましょう。

人名を間違えることは、
ものすごく失礼な行為です。
注意しましょう。

そして「オサメル」という言葉。

場面に応じた使い分けが必要です。

納める・収める・治める・修める。

間違った選択はしていませんか?

要注意です。

人名も言葉も、同音で漢字違いは
数えられないほどあります。

難しい!!!

面倒だ!!!

その気持ちは分かります。

しかし、名字には各々由来があり、
日本の言葉には奥行きがあるからこそ、
面白いのです。

豊かな表現を楽しむ位の余裕を持って、

誤字・脱字・誤変換と戦っていきましょうね!

という訳で、ラスト、もうひと笑いして終了です!
(今回も、YOMIURI ONLINE・発言小町より引用)

 以上のことをふまえて、絞殺致しました。
以上のことをふまえて、考察致しました。
英業界初か
営業開発課
設備と牛
設備投資

酒なくてはならない
避けなくてはならない

なにかござい増鱈
なにかございましたら

蜆送信です
指示未送信です

司郎を同封します
資料を同封します
報復交通費
往復交通費

抱腹絶倒、して頂けましたでしょうか。

でも、人の振り見て我が振り直せ。

大切な書面で大失敗しないよう、
気を付けてくださいね。

仕事に直結するプロライター養成塾のホームページはこちら

コピーライティングノウハウや、メルマガ読者様限定のコピーライター募集情報を日々、配信させていただいております。メルマガは「コピーライティングで集客」「コピーライターの仕事術」ともに無料でご購読いただけます。購読を希望される方は以下からご登録ください。



  コピーライティングスキルを身につけて月商100万円以上を目指す方へ
「コピーライティングで集客」メールセミナーへのご登録はこちら



プロのコピーライターを目指す方、現役コピーライターさんへ
「コピーライターの仕事術」メールセミナーへのご登録はこちら

ご登録はパソコンのアドレスからお願いします。


banner
  • このエントリーをはてなブックマークに追加