ビジネスメール・件名(タイトル)で読ませる

ビジネスメールを書く上で重要な要素の一つが「件名(タイトル)」です。

特に、新規営業メールなどを送信する場合は、件名で読まれるかどうか決まると言っても過言ではありません。

たくさんのメールを受信している中で、あなたのメールが読まれるためには、受信フォルダから一目で見る事が出来る「件名」が大切です。

まず、件名で気をつけなければならないのは、そのメールは何のメールなのかを、具体的に表現することです。

NG例:新規事業提案について
OK例:新しい自社メディアの立ち上げについて

件名で気をつけなければいけないのは、長くなりすぎないことです。

件名を具体的にすることを意識しすぎて、長くなってしまうと、すべてが表示されずに、かえって読みづらくなってしまう可能性があります。

営業メールだけでなく、社内での報告メールなどでも、要件をひと目で分かりやすく具体的に伝えることで、仕事ができる印象を与えられるでしょう。

NG例:A事業の納期に関して
OK例:A事業の納期が2日延期になりました。

緊急を要するメールの場合、件名にその旨を記載する事もあります。

A事業の納期に関して
⇒【緊急】A事業の納期に関して


また、営業メールに関しては、相手の興味を引く言葉を入れることも必要です。

広告媒体のご案内
⇒ クリック率90%以上!主婦層がターゲットの広告媒体のご案内

「件名」はメールが読まれるかどうか、優先されるかどうかの判断基準となることがあるので、自分が受け取る側の立場になったつもりで考えましょう。

【関連記事】
ビジネスメールの基本マナー
ビジネスメールは結論を先に
ビジネスメールの本文はシンプルに見やすく
好印象なビジネスメールの書き方
デキるライターのメール術

仕事に直結するプロライター養成塾のホームページはこちら

コピーライティングノウハウや、メルマガ読者様限定のコピーライター募集情報を日々、配信させていただいております。メルマガは「コピーライティングで集客」「コピーライターの仕事術」ともに無料でご購読いただけます。購読を希望される方は以下からご登録ください。



  コピーライティングスキルを身につけて月商100万円以上を目指す方へ
「コピーライティングで集客」メールセミナーへのご登録はこちら



プロのコピーライターを目指す方、現役コピーライターさんへ
「コピーライターの仕事術」メールセミナーへのご登録はこちら

ご登録はパソコンのアドレスからお願いします。


banner
  • このエントリーをはてなブックマークに追加