お客様から修正が入ったら、学びのチャンス2

お客様から修正が入ったら、学びのチャンス2

こんにちは、橋本絢子です。

お客様から修正が入ったら、学びのチャンス1
という記事を書かせていただきましたが、
それに関連した内容を、お伝えさせていただきます。

プロのライターとして、最低限果たすべきことは、
「お客様のご要望にしっかりとお応えすること」

お客様がどんな言葉で伝えたいと思っているのか、
その方の癖や文字の選び方など、こだわりをお持ちかもしれません。

お客様のご要望もすべて叶えた上で、
読み手を魅了する文章を作るのが、プロのライターの役割です。

お客様とのお付き合いが浅い場合には
「修正」が多く出てくる場合があります。

何度書き直しても、
お客様からのOKがなかなか出ない時もあります。

そんな時こそ、「プロライター」の正しい対応が大切です。

この時の対応が、お客様との信頼関係を左右する要となるでしょう。

まず、してはいけないこと。

「お客様からの修正を真摯に受け止めない」

「でも」「だって」と言い訳をする。

あるライターさんは、
一人の著名人の方のコラム記事制作を始めた頃は、
先方から修正の嵐だったそうです。

しかし、彼女のそこからの取り組みは
素晴らしいものでした。

「自分が最初に書いた記事と、
修正後に掲載された記事を毎回、見比べて分析」

「数十冊も出されているその著名人の方の書籍を、
すべて読んで、好みの文体を研究」

「ほかにコラムなどあれば目を通して癖をつかむ」

このようにして、嵐のような修正が入っても
あきらめずに、必死に努力した結果、
1年経った頃には修正もほとんど入らなくなり、
「こんな見せ方をしたらアクセスが上がるかもしれない」
と工夫しながら、楽しく原稿を書いているそうです。

お客様からの「修正」は、財産です。

わざわざパワーを割いて修正を依頼されるのは、
あなただから出来ると期待されているからです。

お客様からのご要望にしっかりお応えするためにも、
いただいたご指摘はしっかりと受け止め、
学びとして吸収していきましょう。

仕事に直結するプロライター養成塾のホームページはこちら

コピーライティングノウハウや、メルマガ読者様限定のコピーライター募集情報を日々、配信させていただいております。メルマガは「コピーライティングで集客」「コピーライターの仕事術」ともに無料でご購読いただけます。購読を希望される方は以下からご登録ください。



  コピーライティングスキルを身につけて月商100万円以上を目指す方へ
「コピーライティングで集客」メールセミナーへのご登録はこちら



プロのコピーライターを目指す方、現役コピーライターさんへ
「コピーライターの仕事術」メールセミナーへのご登録はこちら

ご登録はパソコンのアドレスからお願いします。


banner
  • このエントリーをはてなブックマークに追加