それ、本当に喜ばれていますか?

それ、本当に喜ばれていますか?

こんにちは、橋本絢子です。

「コミュニケーションを大事にしています。
メールのやり取りも頻繁に行い、
パイプをどんどん太くするよう、努力しています!」

と語るのは、Bさん。

とても社交的で、明るく、話しも面白い方です。

でも、お仕事がなかなか来ないと悩まれてのご相談でした。
お仕事内容を拝見させて頂きました。

主に講演会原稿などの代筆などで、
基本的に継続性はなく、単発で終了するような内容です。
だからこそ、人との繋がりを大事にされているようで、同様のお仕事が発生した時にはご依頼頂けるよう、お仕事の終了後も、こまめな連絡を取り続けておられるとのことでした。
仕事のクオリティには不備はありません。

完成度は素晴らしいと感じました。

Bさんの人柄にも問題は感じません。

一緒にいると楽しいなと感じさせる方です。

どこに問題があるのだろう?

しばらくお話しさせて頂いているうちに、

もしかして…と感じることがあり、

了承を得て、普段の送信メールを拝見させて頂きました。

すると…。

日常的に挨拶のメールを送信されていました。

それは構いません。

むしろ、とてもいい営業活動だと思います。

しかし、内容が問題でした。

季節の挨拶と共に、添付されたとてもキレイな写真。

桜、紅葉、など…。

それらのサイズがあまりにも大きいのです。

受け取る側にしてみれば、

そんな巨大サイズの写真、
仕事に全く関係の無い添付物、
迷惑以外の何物でも無かったことでしょう。

せっかくの挨拶メールが、印象の悪さを生んでしまっていたのです。

そこで、今後は簡単な文章のみの営業メールに替えるよう、
アドバイスさせて頂きました。

営業メールは気持ちを送るものです。

送信ボタンを押す前に、
受け取る側の気持ちになることを忘れずに。

Bさんより「最近は、営業メールにお返事を頂けるようになった」と、

ご連絡を頂きました。

本当の繋がりが生まれつつあるようです。

仕事に直結するプロライター養成塾のホームページはこちら

コピーライティングノウハウや、メルマガ読者様限定のコピーライター募集情報を日々、配信させていただいております。メルマガは「コピーライティングで集客」「コピーライターの仕事術」ともに無料でご購読いただけます。購読を希望される方は以下からご登録ください。



  コピーライティングスキルを身につけて月商100万円以上を目指す方へ
「コピーライティングで集客」メールセミナーへのご登録はこちら



プロのコピーライターを目指す方、現役コピーライターさんへ
「コピーライターの仕事術」メールセミナーへのご登録はこちら

ご登録はパソコンのアドレスからお願いします。


banner
  • このエントリーをはてなブックマークに追加