読まれる商業文章を書く5つのコツ

今日は読み手の心を動かし、次の行動を起こさせる商業文章を書くために、知っておきたい5つのポイントをお伝えさせていただきます。

今はFacebookやブログ、Twitterなどのソーシャルメディアが普及し、誰もが気軽にインターネットへ文章を発信できるようになりました。
Facebookなどのソーシャルメディアは簡単に気軽な気持ちで投稿出来るので、読み手への気遣いは、さほど意識しない方もいるかもしれません。
ですが、どんな形のものであれ、文字を書いて発信する場合は、「相手がいること」を考えて投稿したいものです。

「自分目線」だけではなく「読者目線」を意識して書いた記事は共感・理解が得やすくなるでしょう。

では、どうすれば読まれる文章が書けるようになるのか?
そのコツを、以下でお伝えさせていただきます。

【1】小学5年生でも理解できる言葉を使おう
あなたの知っている専門用語が、読み手にも伝わるとは限りません。広告などに使われる商業文章は特に、一秒で瞬時に理解できなければ、読者さんに読み飛ばされています。「かっこよさ」以上に「分かりやすさ」を意識しましょう。

【2】読み手は誰なのかを明確にしよう
その文章は誰に向けて書いてあるのか?ターゲットを明確にしなければ読み手の共感は得られません。セールスレター等の場合、ターゲットを絞ることで、「お申し込みが少なくなったらどうしよう」と心配する方もいますが、ターゲットは絞った方が、効果は出ます。たとえば「3歳〜6歳の子供がいる30代の主婦で、オーガニックに対する意識が高い女性」といった絞り方がベストです。ターゲットが曖昧で「みんな歓迎」といった文章ですと、読み手は「私じゃなくてもいいんだ」とスルーしてしまうでしょう。ターゲットの絞り方に関しては、別途、記事で説明します。

【3】書き手である「私」とは誰かを明確にしよう
発信者である「自分」は、どのような存在なのか?
有名なのか、無名なのか、専門家なのか、素人なのか・・・・といった立場を明確にすることで、分かりやすい文章になります。商業文章では「自分は何者なのか」を、はっきりとさせましょう。

【4】声に出して違和感のない言葉を使おう
もしも読者さんと対面して話す場合、使わないであろう言葉は、文章にも使わない方が良いです。使い慣れていない言葉があると、読者さんが一瞬「あれ?」と止まって考えてしまい、
スラスラと読めなくなります。

【5】読者さんにとってのメリットを明確にしよう
商業文章の目的は、金銭的な利益を生むために存在しています。お金を動かすためには、人の心を動かすためのアプローチが必要です。読者さんがメリットを感じなければ、その文章の存在価値はありません。読者さんが、購入やお申し込み、お問い合わせなど、次の行動を取りたくなるようなメリットをはっきり書くことが大切です。

以上5点を意識し、読者さんが次の行動を起こしたくなるような商業文章の作成を心がけてみてください。

プロライター養成塾の文章力養成コースでは、文章作成のワークを行い、ターゲットに読ませる文章を書くコツを体感していただきます。ご自身の書いた文章が添削され、ブラッシュアップされることで、テンポ良く読まれる文章の書き方を、頭ではなく、体で覚えていただくことができます。

 

仕事に直結するプロライター養成塾のホームページはこちら

コピーライティングノウハウや、メルマガ読者様限定のコピーライター募集情報を日々、配信させていただいております。メルマガは「コピーライティングで集客」「コピーライターの仕事術」ともに無料でご購読いただけます。購読を希望される方は以下からご登録ください。



  コピーライティングスキルを身につけて月商100万円以上を目指す方へ
「コピーライティングで集客」メールセミナーへのご登録はこちら



プロのコピーライターを目指す方、現役コピーライターさんへ
「コピーライターの仕事術」メールセミナーへのご登録はこちら

ご登録はパソコンのアドレスからお願いします。


kyokaibanner banner instractor_banner crbanner moneyblockbanner moneyblock2banner presentheader 新有名人バナー gachibanner salescopyonlinebanner seoonlinebanner header4 linebanner
  • このエントリーをはてなブックマークに追加