「報・連・相」で、お客様から信頼されるライターになろう

プロのライターとしてお客様から信頼されるためには「報・連・相(報告・連絡・相談)」がしっかりできることが大切です。

特に、締め切りが迫っているとき、仕事を依頼しているライターさんとなかなか連絡が取れなくなると、それだけでお客様は不安な気持ちにかられます。

できるだけ、お客様を不安にさせないようにしなければなりません。

では、どうすればお客様の不安をあらかじめ軽減できるのか?

たとえばプロジェクト期間中にやり取りが多くなるときは、

「明日の午前中は打ち合わせに入っているため、
メール・お電話の対応ができるのは午後13時以降になります」

といった感じで、一日のスケジュールをあらかじめお客様に伝えておくこともおすすめです。

その他にも
「今日は14時から17時は電波のつながりにくい場所で仕事をしておりますので、
留守電に要件があればお願いします。」
といったメールをお送りしたり、

立て込んでいるときに電話が入ったら、
「今から打ち合わせに入りますのでメール返信が送れますが、
緊急の要件の場合はお電話いただければ対応いたします」
とお伝えしたり。

このような行動が、お客様に安心感を与えます。

どんなときも「相手の立場を考えて行動する」という基本的なことができるライターさんが、お客様との信頼関係を築くことができ、継続的に仕事のオファーがくる状態になります。

お客様から継続的にお仕事をいただけるライターになるのか、
お仕事が一度きりで終わってしまうライターになるのか、
その違いは、誰にでもできる「報・連・相」が関係していることも少なくありません。

お客様を不安にさせないための、相手の立場にたった思いやり。
ぜひ、心がけてくださいね。

 

仕事に直結するプロライター養成塾のホームページはこちら




在宅で収入を得られるフリーライターを目指す方には、以下の無料教材がおすすめです。






コピーライティングノウハウや、メルマガ読者様限定のコピーライター募集情報を日々、配信させていただいております。メルマガは「コピーライティングで集客」「コピーライターの仕事術」ともに無料でご購読いただけます。購読を希望される方は以下からご登録ください。


  コピーライティングスキルを身につけて月商100万円以上を目指す方へ
「コピーライティングで集客」メールセミナーへのご登録はこちら



プロのコピーライターを目指す方、現役コピーライターさんへ
「コピーライターの仕事術」メールセミナーへのご登録はこちら

ご登録はパソコンのアドレスからお願いします。


banner