「伝わる文章」と「伝わらない文章」の違い

「文章の書き方」のテクニックを伝えるノウハウは、世の中に溢れています。テクニックさえ学べば、誰でも伝わる文章が書けるようになる。そんなふうに思っていませんか?

しかし実際は、テクニックを学ぶだけでは、読者の心を揺さぶる「伝わる」文章を書けるようにはなりません。では、どうすれば「伝わる」文章を書けるようになるのでしょうか?

その答えをお伝えするにあたり、まずは「伝わらない文章」を斬っていきます。

この化粧品はビタミンC誘導体を配合しております。ナノレベルでお肌に浸透するため、大人ニキビが劇的に改善します。とてもオススメの大人ニキビ用化粧水です。

【突っ込みポイント1】→ ターゲットが分からない

伝わる文章は、例えるならばラブレターです。ラブレターには、読んでほしい相手がいますよね。誰に読んでほしいのか、具体的な人物像を思い浮かべながら書くことで、「伝わる」文章になります。

【突っ込みポイント2】→ 分からない言葉を使っている

この文章を読んで、「ビタミンC誘導体って何?」「ナノレベルってどんなレベル?」と思う人が多いはずです。分からない言葉があるとそこで考えてしまい、先へと読み進められなくなる恐れが大ですので気をつけましょう。

【突っ込みポイント3】→ なぜ?と突っ込みたくなる

なぜオススメだと思ったのか? その理由や背景が書かれておらず、展開が唐突です。なぜ?と突っ込みたくなる文章は、読むペースが止まってしまいます。止まって読み返すことをしているうちに読む気がなくなり、読まれなくなってしまいます。説明をしなくて大丈夫だと思っているのは、書き手だけです。なぜ?と突っ込まれる前に、この言葉でわかるのか、自分で疑問を持つことを意識しましょう。

仕事が忙しくて寝不足続きな毎日、気が付くと肌にポツポツと大人ニキビが…。鏡を見るのも憂鬱になってしまう時はありませんか。

こちらの化粧品水は、壊れやすいビタミンCを壊すことなく肌に浸透させてくれる「ビタミンC誘導体」を配合しています。大人ニキビへの効果を発揮してくれるので、オススメです。

→最初の文章よりも分かりやすくなり、具体的な説明も加わって親切になりました。

伝わる文章を書く上で意識したいのは、「読まなくても分かってくれるだろう」という気持ちを捨てること。読者はあなたの脳内を把握していません。まったく知らない人にゼロから説明することを想定し、伝えたい相手に、確実に伝わる文章を心がけてください。

ライター 高野葵

仕事に直結するプロライター養成塾の公式サイトはこちら

コピーライティングノウハウや、メルマガ読者様限定のコピーライター募集情報を日々、配信させていただいております。メルマガは「コピーライティングで集客」「コピーライターの仕事術」ともに無料でご購読いただけます。購読を希望される方は以下からご登録ください。



  コピーライティングスキルを身につけて月商100万円以上を目指す方へ
「コピーライティングで集客」メールセミナーへのご登録はこちら



プロのコピーライターを目指す方、現役コピーライターさんへ
「コピーライターの仕事術」メールセミナーへのご登録はこちら

ご登録はパソコンのアドレスからお願いします。


kyokaibanner banner instractor_banner crbanner moneyblockbanner moneyblock2banner presentheader 新有名人バナー gachibanner salescopyonlinebanner seoonlinebanner header4 linebanner
  • このエントリーをはてなブックマークに追加