コラムのネタが思い浮かばないとき、とっておきのネタの選び方

【1】ニュースになっている最旬の話題について書く

ヤフーニュースやキュレーションサイトなどで取り上げられている話題を、注意して見てみましょう。世間で起こっている出来事の中で、いま注目を浴びているもの=旬の話題が、日々刻々と変化しているのが分かります。

これらの話題は、多くの人にとって興味のアンテナが敏感になっているため、コラムのネタにすると有効です。検索ワードの上位にあがってくるような、時事ニュース・事件・芸能など、話題がホットなうちに、そのネタについて取り上げます。

【2】旬のキーワードをチェック

旬の話題は、インターネット・テレビ・雑誌・新聞などから知ることができます。ヤフーやグーグルで、今どんな単語が検索されているのかを調べるのも、ひとつの手段。そのキーワードをタイトルや見出しに入れ込むことで、多くの人の目に留まり、読まれるコラムになります。

【3】その話題に関心がある人が求めている情報を加える

ニュースの事実だけを書いたのでは、結局読者にとって、ニュースを見たり読んだりしているのと同じことになってしまいます。そのニュースに関心がある人が知りたいことを付け加える、ニュースの裏側に潜む問題に触れるなどの切り口が大切です。

たとえば、「日本のがん患者数が増えている」という調査結果が発表され、話題になっている時は、がん予防に効果的な習慣や、人気のがん検診機関の情報も加えておきます。

「20代・30代女性に聞いた、クリスマスに彼・夫から欲しいプレゼントランキング」が女性誌に掲載されたら、上位にランクインしているプレゼントを買いに走る男性たちが、次にどんな情報を求めているのかを先回りします。アクセサリーブランドや人気レストランなどを載せておくと、読者にとって“今すぐ欲しい情報”を入手でき、重宝されるでしょう。

記事執筆:ライター たかはしなつこ
ブログ:http://ameblo.jp/summer-tmngtkhs
Facebook:https://www.facebook.com/summertkhs

仕事に直結するプロライター養成塾のホームページはこちら

 

コピーライティングノウハウや、メルマガ読者様限定のコピーライター募集情報を日々、配信させていただいております。メルマガは「コピーライティングで集客」「コピーライターの仕事術」ともに無料でご購読いただけます。購読を希望される方は以下からご登録ください。



  コピーライティングスキルを身につけて月商100万円以上を目指す方へ
「コピーライティングで集客」メールセミナーへのご登録はこちら



プロのコピーライターを目指す方、現役コピーライターさんへ
「コピーライターの仕事術」メールセミナーへのご登録はこちら

ご登録はパソコンのアドレスからお願いします。


kyokaibanner banner instractor_banner crbanner moneyblockbanner moneyblock2banner presentheader 新有名人バナー gachibanner salescopyonlinebanner seoonlinebanner header4 linebanner
  • このエントリーをはてなブックマークに追加