修正が入ったら、学びのチャンス

フリーライターとしてデビュー間もない頃は、お客様から多くの修正をいただきます。

自分の書いた文章に何度も修正が入ったり、全面的な書き直しを指示されたりしたら、精神的にダメージを受けてしまうかもしれません。

何を書いてもダメ出しをくらう・・・そうなってくると「自分には才能がないんだ」「ライターには向いていないのかも」と思ってしまう方もいるかもしれませんが、はっきり言います。

 

ライターになるのに、才能は関係ありません!
(もちろん、文章を書くのが好きであることは大事です)

 

修正が多く入るのは、上手・下手の問題以前に、場数を踏んでいないからです。

 

では、どうすれば、修正が入らない文章を書けるようになるのでしょうか?

 

 

修正が入るたびに、多いに反省すること、学ぶことです。

 

お客様が修正をした文章・書き直した文章と、自分が書いて提出した文章を、目を皿のようにして見比べてみてください。

自分が書いて提出した文章と、実際にサイトや紙媒体に掲載された文章を、目を皿のようにして見比べてください。

 

どこがどう違うのか?
文章の流れなのか?
読みやすさなのか?
無駄のなさなのか?

 

じっくり考え、大いに悩み、反省し、悔い改め、次に活かしてください。

 

この作業を日々、コツコツと行うことで、1年後、あなたの文章は、見違えるほど輝いているでしょう。

書いたら書きっぱなし、提出したら出しっぱなしで振り返りを行わないでは、進歩はありません。

 

今この瞬間にどれだけ本気になれるかで、未来は変わります。

 

一つ一つの仕事と真摯に向き合い、日々、そのときにできる最大限の努力をすること。それが、上手くなるための一番の近道です。

 

達人と呼ばれるベテランライターは、失敗の数も多いです。人一倍、恥もかいています。恥もかきっぱなしでは意味がありません。

 

思い通りにならない現状から逃げずに、真正面から向き合い、鍛錬を積み重ねましょう。

 

 

仕事に直結するプロライター養成塾のホームページはこちら

 

 

 




在宅で収入を得られるフリーライターを目指す方には、以下の無料教材がおすすめです。






コピーライティングノウハウや、メルマガ読者様限定のコピーライター募集情報を日々、配信させていただいております。メルマガは「コピーライティングで集客」「コピーライターの仕事術」ともに無料でご購読いただけます。購読を希望される方は以下からご登録ください。


  コピーライティングスキルを身につけて月商100万円以上を目指す方へ
「コピーライティングで集客」メールセミナーへのご登録はこちら



プロのコピーライターを目指す方、現役コピーライターさんへ
「コピーライターの仕事術」メールセミナーへのご登録はこちら

ご登録はパソコンのアドレスからお願いします。


banner