原稿の完成形をイメージしてからインタビューする

「ストイックな経営者であるAさんに、こんなユニークな一面があったなんて」思いもよらぬ話を聞くことができるのは、インタビューの醍醐味です。しかし行き当たりばったりで、おいしい話を聞くことができる偶然を待っているだけでは、良いインタビュー記事は書けません。取材では、事前準備が原稿の質を決めると言っても過言ではないのです。以下のような準備をしっかりと行い、取材に臨みましょう。

  • 取材目的を明確にする

何を伝えるための取材かを明らかにしておきます。「いい話を聞く」ことは目的とは言えません。優秀な人材を採用するための経営者インタビューなのか、自社製品の売り上げアップのための経営者インタビューなのか。同じ経営者インタビューでも、目的が違えば質問内容も変わってきます。

  • 取材対象者をリサーチをする

編集者から入手した資料や書籍、過去のインタビューなどを読み込みましょう。ある程度露出がある人物の場合、ネットで調べるだけでも多くの情報を得ることができます。調べることで、仮説を立てることが可能になります。この人にはこのような信念があるのではないか、この行動に出たのにはこんな理由があるのではないか。仮説を立てることで、質問に深みが出ます。

  • 取材目的に沿った質問を準備する

例えば自社製品の誕生秘話を語り、売り上げ増を狙うのであれば、このような質問が思い浮かぶでしょう。製作のきっかけ、どのような悩みを解決する商品なのか、失敗談、成功した瞬間、成功の立役者…。「読者なら何を聞きたいか」という観点で、リサーチした情報や仮説を元に適切な質問を選定していきます。

  • 取材の流れを決める

質問を見直し、聞く順番を決めます。こうすることで、準備段階でおおまかな原稿の完成形をイメージすることができます。もちろん準備通りにインタビューが進むとは限りません。しかし、しっかりと準備を行うことで、取材目的から外れることなくインタビューを進めることができます。そして何よりも、取材中、読者が面白いと感じる話を引き出すことに集中できるのです。

入念な準備は、読者のためにも取材対象者のためにもなります。取材前、ぜひ実践してみてください。

仕事に直結するプロライター養成塾のホームページはこちら

記事執筆:ライター 村川里美
FB:https://facebook.com/murakawasatomi
Blog:http://ameblo.jp/reverb-writing/

コピーライティングノウハウや、メルマガ読者様限定のコピーライター募集情報を日々、配信させていただいております。メルマガは「コピーライティングで集客」「コピーライターの仕事術」ともに無料でご購読いただけます。購読を希望される方は以下からご登録ください。



  コピーライティングスキルを身につけて月商100万円以上を目指す方へ
「コピーライティングで集客」メールセミナーへのご登録はこちら



プロのコピーライターを目指す方、現役コピーライターさんへ
「コピーライターの仕事術」メールセミナーへのご登録はこちら

ご登録はパソコンのアドレスからお願いします。


kyokaibanner banner instractor_banner crbanner moneyblockbanner moneyblock2banner presentheader 新有名人バナー gachibanner salescopyonlinebanner seoonlinebanner header4 linebanner
  • このエントリーをはてなブックマークに追加