論理的な情報のグループ分け法

前回の「論理的な文章を書くには」の記事で「論理的な商業文章を書くためには複数の要素をグループに分ける」と書きました。

整理された情報は論理的で、読者はストレスなく読み進めることができます。前回はイタリアンレストランの情報を料理、接客、雰囲気の3つのポイントで仕分けしました。

このグループ化には、ほかにもいくつかの方法が考えられます。

  • 立場で分ける

例えば、二世帯住宅の広告を作る場合です。

・家の中の全てがバリアフリー仕様

・リビングを一望できるカウンターキッチン

・趣味に没頭できる書斎を用意

・天窓のある子供部屋

・キッチンには貯蔵量豊富なストッカー

・1階は落ち着いた畳の和室

・4畳のウォークインクローゼット

・子供部屋はロフト付き

どれも心惹かれるポイントではありますが、論理的ではなく散漫な印象です。これを、住む人の立場によってグループ化するのです。

<祖父母>

家の中の全てがバリアフリー仕様

1階は落ち着いた畳の和室

<父母>

リビングを一望できるカウンターキッチン

趣味に没頭できる書斎を用意

キッチンには貯蔵量豊富なストッカー

4畳のウォークインクローゼット

<子供>

天窓のある子供部屋

子供部屋はロフト付き

要素のグループ化により、読者は自分にとって有効な情報を素早く引き出すことができます。また、3つの観点から、住宅を総合的に判断しやすくなります。

見出しを付けると、より魅力が伝わります。

<祖父母>→【シニア世代・安心とくつろぎの空間】

<父母>→ 【パパママ世代・欲しいもの全部叶えます】

<子供>→ 【キッズ世代・我が家がいちばんの楽しい遊び場】

  • 時間軸で分ける

旅館の宣伝の場合はどうでしょうか?

・お子様に好評、海水浴場までは徒歩30秒

・名物の菜の花てんぷらをどうぞ

・水揚げしたてのあんこう鍋

・炊き立ての松茸ごはんをサービス

・雪を眺めながらの露天風呂

・露天風呂で赤い夕陽を全身に浴びる

・お部屋の窓からは紅葉が楽しめる

・春限定野菜スイーツ

羅列しただけでは、季節が行ったり来たりしています。夏の海が思い浮かんだ後に春になり、冬に変わったと思ったら秋に戻る。これでは読者は混乱してしまいます。

四季折々の魅力を伝えるために、春夏秋冬で分けてみましょう。

<春>

名物の菜の花てんぷらをどうぞ

春限定野菜スイーツ

<夏>

お子様に好評、海水浴場までは徒歩30秒

露天風呂で赤い夕陽を全身に浴びる

<秋>

炊き立ての松茸ごはんをサービス

お部屋の窓からは紅葉が楽しめる

<冬>

水揚げしたてのあんこう鍋

雪を眺めながらの露天風呂

四季で分けることですっきりしますし、旅館で楽しむ自分の絵が思い浮かびやすくなります。

今回は広告や宣伝でしたが、企画書や報告書でもこの仕分け方法は有効です。

業界の現状報告の際には、要素を顧客、自社、競合他社で分けることができます。また、クレーム報告の場合、通常時、クレーム時の状況、改善後などと仕分けできます。

論理的な構成を実践することで、あなたの文章の説得力は格段に増すでしょう。

プロライター養成塾では、論理的な文章の書き方のコツを学ぶことができます。

仕事に直結するプロライター養成塾の公式サイトはこちら

記事執筆:ライター 村川里美

FB:https://facebook.com/murakawasatomi

Blog:http://ameblo.jp/reverb-writing/

コピーライティングノウハウや、メルマガ読者様限定のコピーライター募集情報を日々、配信させていただいております。メルマガは「コピーライティングで集客」「コピーライターの仕事術」ともに無料でご購読いただけます。購読を希望される方は以下からご登録ください。



  コピーライティングスキルを身につけて月商100万円以上を目指す方へ
「コピーライティングで集客」メールセミナーへのご登録はこちら



プロのコピーライターを目指す方、現役コピーライターさんへ
「コピーライターの仕事術」メールセミナーへのご登録はこちら

ご登録はパソコンのアドレスからお願いします。


banner
  • このエントリーをはてなブックマークに追加