「論理的」の意味

「文章は論理的に」と言われますが、具体的にはどういうことなのでしょうか?

論理的な文章の基本型は、「結論+根拠」です。つまり文章を「◯◯(結論)である。なぜならば◆◆(根拠)だから」という構成にするのです。

主観的な文章の場合、根拠は不要です。

「今日は、デパートで口紅を衝動買いしてしまいました。失敗したかなと思いましたが、夫には好評でした。」

日記や友人とのメールでは、事実と感情が伝われば十分です。しかし、相手を説得したり深い理解を求めるビジネスの場では、文章を論理的にする必要があります。

「プロジェクトリーダーを誰にするか」という題目を例に挙げます。論理的な構成はこうです。

(結論)Aさんが適任です。

なぜならば、

(根拠1)半導体はAさんが10年以上取り組んでいる得意分野だからです。

(根拠2)Aさんは、前回の同様プロジェクトで1,000万円売り上げたからです。

(根拠3)Aさんには育成力があり、入社2年目のメンバーをサブリーダーに育て上げたからです。

商業文章では、常に「結論+根拠」を意識しましょう。論理的な文章はビジネスにおいて必須です。なぜならば、結論だけでは相手の心を動かさないからです。「リーダーはAさんしかいません!」と結論だけ連呼しても、誰にも伝わりません。なぜAさんがいいのか、Aさんを知らない人にも伝わるくらいの客観的な根拠が必要です。結論のあとに根拠1〜3までを伝えれば、賛同を得ることができるでしょう。

どのような文章でも、結論のあとに心の中で「なぜならば」と続けてみてください。常にこのトレーニングを繰り返すことで、論理的な文章が書けるようになります。

結論に対して適当な根拠か、論理性を確かめることも重要です。「根拠→結論」になっているかどうか、順番を変えてみます。

(根拠1)半導体はAさんが10年以上取り組んでいる得意分野です。

(根拠2)Aさんは、前回の同様プロジェクトで1,000万円を売り上げました。

(根拠3)Aさんには育成力があり、入社2年目のメンバーを今期サブリーダーに育て上げました。

だから、

(結論)Aさんが適任です。

このように、根拠から結論が導き出されていれば、その文章は論理的であると言えます。すぐに会得するのは難しいかもしれません。しかし、論理的思考を心掛けるだけで文章の質は変わってきます。

プロライター養成講座では、論理的な文章を書くコツを学ぶことができます。

仕事に直結するプロライター養成塾の公式サイトはこちら

記事執筆:ライター 村川里美

FB:https://facebook.com/murakawasatomi

Blog:http://ameblo.jp/reverb-writing/

コピーライティングノウハウや、メルマガ読者様限定のコピーライター募集情報を日々、配信させていただいております。メルマガは「コピーライティングで集客」「コピーライターの仕事術」ともに無料でご購読いただけます。購読を希望される方は以下からご登録ください。



  コピーライティングスキルを身につけて月商100万円以上を目指す方へ
「コピーライティングで集客」メールセミナーへのご登録はこちら



プロのコピーライターを目指す方、現役コピーライターさんへ
「コピーライターの仕事術」メールセミナーへのご登録はこちら

ご登録はパソコンのアドレスからお願いします。


banner
  • このエントリーをはてなブックマークに追加