原稿は、一晩、熟成しよう

お客様から依頼された仕事が納期の3日前に終わった。完成したから、このまますぐに提出してしまいたい。・・・といったことが、時々あります。

しかし私は、時間に余裕がある場合、できる限り、そのままちゃちゃっと提出せずに、一晩、寝かせるようにしています。

1日、別の仕事をしてからあらためて寝かせておいた原稿を見てみると

「あれ、なんだか分かりづらいかな?」
「文章の流れがおかしいかも・・・」

と思う箇所に気づきます。

しばらく時間を置くことで、頭が冷静になり、書いているときには客観的に見られなかったことにも見えてくるようになります。

文章に煮詰まったときや、切れ味のいいキャッチコピー・見出しが思い浮かばなくなったときも、ぜひ、しばらく原稿を寝かしてみてください。

自分の書いた原稿を、第三者的な視点で読めるようになるでしょう。

文章に煮詰まったときや、ちょうどいいキャッチコピーが思い浮かばなくなったときは、他の人の意見を聞いてみるのも効果的な方法です。

お互いに高め合えるライター仲間を見つけたい方は、プロライター養成塾の受講生コミュニティをぜひ、活用してみてください。

仕事に直結するプロライター養成塾のホームページはこちら

コピーライティングノウハウや、メルマガ読者様限定のコピーライター募集情報を日々、配信させていただいております。メルマガは「コピーライティングで集客」「コピーライターの仕事術」ともに無料でご購読いただけます。購読を希望される方は以下からご登録ください。



  コピーライティングスキルを身につけて月商100万円以上を目指す方へ
「コピーライティングで集客」メールセミナーへのご登録はこちら



プロのコピーライターを目指す方、現役コピーライターさんへ
「コピーライターの仕事術」メールセミナーへのご登録はこちら

ご登録はパソコンのアドレスからお願いします。


banner
  • このエントリーをはてなブックマークに追加