お客様がお仕事をお願いしたくなるライターの条件

駆け出しライターさんでも、お客様が発注したくなるライターさんとはどんな人なのでしょうか?

2〜3人の候補者がいて、その中から一人のライターを選ぶとき、お客様はどこをポイントに選ぶのでしょうか?

スキルの相違があまり大きくないときは、ずばり、「メンタルの安定感」が重視されます。

突然、感情的になられるリスクが少なく、どんな事態があっても冷静に対応してくれそうな人。

悩みを一人で溜め込まず、かといって感情的になることもなく、分からないことがあれば、「冷静に」「落ち着いて」質問してくれる人。

お客様も人間ですから、ライターさんとは、気持ちよく仕事がしたいものです。

不安や悩みを自分の中で抱え込んで突然、感情爆発する人、相手の心の内側を必要以上に探ろうとしてくる人、被害妄想が強かったり神経過敏すぎる人は、お仕事を依頼する側も気を遣って疲れてしまうので、できれば避けたいと思います。

ライターには、綿密さや繊細さは必要です。
そのスキルは、制作物に注ぎ込みましょう。

お客様とのコミュニケーションにおいても細やかな気くばりは大事ですが、相手を疲れさせてしまうような、マイナスの神経過敏さは良くありません。

メンタル面の不安定さは、新しいお仕事をいただいたり、継続取引をする際に、不利になります。

無理にポジティブになる必要はありませんが、いつでも冷静で、落ち着いた対応を心がけましょう。

 

仕事に直結するプロライター養成塾のホームページはこちら

 

 




在宅で収入を得られるフリーライターを目指す方には、以下の無料教材がおすすめです。






コピーライティングノウハウや、メルマガ読者様限定のコピーライター募集情報を日々、配信させていただいております。メルマガは「コピーライティングで集客」「コピーライターの仕事術」ともに無料でご購読いただけます。購読を希望される方は以下からご登録ください。


  コピーライティングスキルを身につけて月商100万円以上を目指す方へ
「コピーライティングで集客」メールセミナーへのご登録はこちら



プロのコピーライターを目指す方、現役コピーライターさんへ
「コピーライターの仕事術」メールセミナーへのご登録はこちら

ご登録はパソコンのアドレスからお願いします。


banner