コピーライティング集中塾1日目 各メディアの特性

こんにちは、橋本絢子です。

弊社で主宰している、月商100万円を目指す方のためのコピーライティング集中塾の様子をお伝えしていきます。

目次

コピーライティング集中塾を始めたきっかけ
コピーライティング集中塾1日目 マインドセット
コピーライティング集中塾1日目 結果を出せるコピーを書くための基礎
コピーライティング集中塾1日目 各メディアの特性
コピーライティング集中塾2日目 検索エンジン対策の基礎
コピーライティング集中塾2日目 ネット広告の違いを学ぶ
コピーライティング集中塾2日目 アフィリエイト基礎
コピーライティング集中塾3日目 セールスレターの動線づくり
コピーライティング集中塾3日目 売れるセールスレターの書き方
コピーライティング集中塾3日目 動画の活用・プロダクトローンチ

コピーライティング集中塾の1日目(カリキュラムのVol.1)では、ブログやホームページ、メルマガ、Facebook、Twitter、Youtube、LINEやInstagramをはじめとした各ソーシャルメディアの特性と役割について学びます。

それぞれのメディア(媒体)には得意・不得意があり、業種や業界、誰をターゲットにするかによっても、使い方が異なります。

新しいソーシャルメディア(SNS)が流行り始めると試してみたくなる方も多いと思いますが、一般的には、SNS全盛期の寿命は3年と言われています。

インターネットメディアに多い傾向として、立ち上げから黒字化し、その後の黒字が続くのは大体3年ぐらいとのこと。これはインターネットメディアの会社で働いたことのある人は、実感していることだと思います。

SNSも、mixi→アメブロ→Twitter→Facebookと順に流行りましたが、いずれも流行り始めた頃は盛り上がってたくさんの人が日記を書いたりして発信していましたが、だんだんと飽きてきて発信する人が減ってくると、衰退してしまいます。

私はインターネット集客の仕事に携わって10年以上になりますが、長くインターネットの業界で仕事をしていると、変化するもの、変わらないものがあることに気づきます。

今後も支持されていくと思うのは、しっかりとした文章で分かりやすく書かれた記事です。これはずっと変わっていません。

アメブロがなくなったら仕事が成り立たない、Facebookがなくなったら仕事が成り立たない、という状態にならないためにも、何か一つのメディアが衰退しても、名前で検索される人になること。そのための発信を日頃から心がけておくことを意識してみてくださいね。

「どんな人に」「どのように役に立てるのか」が明確であれば、やるべきことはシンプルだと思います。

この先、どのような形で発信していけば良いのか、集客の導線はどのように作っていけば良いのか一人一人異なりますので、詳しくはコピーライティング集中塾で詳しくヒアリングさせていただいた上でお伝えいたします。

コピーライティング集中塾2日目 検索エンジン対策の基礎につづく。

月商100万円を目指す方のためのコピーライティング集中塾はこちら

コピーライティングノウハウや、メルマガ読者様限定のコピーライター募集情報を日々、配信させていただいております。メルマガは「コピーライティングで集客」「コピーライターの仕事術」ともに無料でご購読いただけます。購読を希望される方は以下からご登録ください。



  コピーライティングスキルを身につけて月商100万円以上を目指す方へ
「コピーライティングで集客」メールセミナーへのご登録はこちら



プロのコピーライターを目指す方、現役コピーライターさんへ
「コピーライターの仕事術」メールセミナーへのご登録はこちら

ご登録はパソコンのアドレスからお願いします。


kyokaibanner banner instractor_banner crbanner moneyblockbanner moneyblock2banner presentheader 新有名人バナー gachibanner salescopyonlinebanner seoonlinebanner header4 linebanner
  • このエントリーをはてなブックマークに追加