当たり前のことをバカみたいにちゃんとやる

当たり前のことをバカみたいにちゃんとやる

こんにちは、橋本絢子です。

【1】文章は上手いけど、締切にルーズで音信不通になることが多いライターさん

【2】文章はまあ普通だけど、すぐに連絡が取れて締切をきっちり守るライターさん

どちらのライターさんの方が、売れっ子になれると思いますか? お仕事内容にもよりますが、企業にとっては、基本的なことがしっかりできる常識あるライターさんの方が、安心してお仕事を依頼できるでしょう。著名人など第三者への取材がある場合は特に、マナーなどがしっかりしている「外に出しても安心なライター」であることが求められます。

私の場合ですが、いただいたお仕事に関しては、スケジュールが少々厳しくても、できるだけお客様のご要望を受け入れる、というスタンスを大切にしています。過去には徹夜が続いたり、急対応が続いて自分の時間が無くなったり…といったこともありましたが、一度やると決めたら貫くつもりで、一案件、一案件、根性で乗り越えていました。

「そこまでして辛い思いをするのはイヤだ」という方もいらっしゃると思いますが、それはそれで良いと思います。しかし、単価の高い案件を継続的に受注したい場合は、できるだけお客様の要望を受け入れ、まずはやってみる、というスタンスで取り組んだ方が良いでしょう。それは、ライターのお仕事以外でも同様のことが言えます。

個人的な話になりますが、私は高校を半年で中退し、大学も1年で中退しているため、学歴に強いコンプレックスがありました。社会に出ると、学歴や知識量では、どうしても「エリート」と呼ばれる人たちに負けてしまいます。自分が唯一、他の人に勝てることがあるとしたら、真面目に働くことしかありませんでした。

言われたことを、言われた通りにやる。遅刻をしない。休まない。締切りを守る。…などなど、学歴も専門知識もない私ができることはそのくらいのことしかなかったので、当たり前のことを当たり前にやる真面目さだけは守ろうと思って仕事を続けてきました。

最近になってようやく、当たり前のことを真面目に言われたとおりにやる、を続けてきて良かったと思います。自分の仕事があり、悩む暇もないほど仕事があるというのはとても恵まれていて、ありがたいことです。

ライターさんの中でも、当たり前のことを言われた通りに文句を言わずにまずやってみる、これができる人は、実はあまり多くありません。最初から締切りを伸ばそうとしたり、お客様にもの申してしまう方も多く、特に、経験豊富なライターさんにそういう方をお見受けすることがあります。どれだけ経験を重ねても、お仕事をいただいているという現実に感謝し、自分にできる限りのことをやってみる、という姿勢を続けていきたいと思います。

仕事に直結するプロライター養成塾のホームページはこちら

コピーライティングノウハウや、メルマガ読者様限定のコピーライター募集情報を日々、配信させていただいております。メルマガは「コピーライティングで集客」「コピーライターの仕事術」ともに無料でご購読いただけます。購読を希望される方は以下からご登録ください。



  コピーライティングスキルを身につけて月商100万円以上を目指す方へ
「コピーライティングで集客」メールセミナーへのご登録はこちら



プロのコピーライターを目指す方、現役コピーライターさんへ
「コピーライターの仕事術」メールセミナーへのご登録はこちら

ご登録はパソコンのアドレスからお願いします。


kyokaibanner banner instractor_banner crbanner moneyblockbanner moneyblock2banner presentheader 新有名人バナー gachibanner salescopyonlinebanner seoonlinebanner header4 linebanner
  • このエントリーをはてなブックマークに追加