請けた仕事は最後までやり遂げる

請けた仕事は最後までやり遂げる

こんにちは、橋本絢子です。

プロとしては当たり前のことですが、
一度請けた仕事は、約束した期限通りに、完璧な状態で納品する
これができない人は、プロ失格です。ABC=当たり前のことを バカみたいに ちゃんとやる、という言葉がありますが、どんな(安い)お仕事でも、一度請けた以上は途中で投げ出さず、最後まで完璧にやり遂げ、お客様から最大限にご満足いただけることを徹底してください。

フリーライターの仕事をしていると、安いプロジェクトを進行中に、高単価のオイシイ仕事を受注した、ということが、しばし起こります。とはいえ、そういう状況になっても、先に受注していた安い方の仕事をおざなりにしてはいけません。

納期が間に合わない、キャパオーバーといった状況は、受注後、納期が決まった後に作ってはいけません。もし仕事が集中した忙しい時期に新規の案件を受注する場合は、受注前、もしくは受注したタイミングで納期の調整を行ない、お客様には絶対に迷惑のかからないようにする必要があります。

プロは、すでに受注した仕事を、高い安いで差別することはありません。請けた以上は、ベストを尽くす。ベストを尽くす自信が無ければ、キャパの空いている知り合いのライターさんをお客様にご紹介するようにしましょう。どんなときもお仕事のチャンスをいただけたお客様には感謝の気持ちを忘れずに。

今日一日を精一杯過ごし、立ち止まって自分を客観的に見つめる時間をきちんと持つことで、必ず一歩一歩、前進できます。地に足をつけて、一歩一歩、大切に歩みましょう。

仕事に直結するプロライター養成塾のホームページはこちら

コピーライティングノウハウや、メルマガ読者様限定のコピーライター募集情報を日々、配信させていただいております。メルマガは「コピーライティングで集客」「コピーライターの仕事術」ともに無料でご購読いただけます。購読を希望される方は以下からご登録ください。



  コピーライティングスキルを身につけて月商100万円以上を目指す方へ
「コピーライティングで集客」メールセミナーへのご登録はこちら



プロのコピーライターを目指す方、現役コピーライターさんへ
「コピーライターの仕事術」メールセミナーへのご登録はこちら

ご登録はパソコンのアドレスからお願いします。


banner
  • このエントリーをはてなブックマークに追加